脳卒中発症からの時間経過と自然回復" />

脳卒中発症からの時間経過と自然回復

脳梗塞や脳出血になると、「体が動かない」「触れてる感じがわからない」などの後遺症がみられることがあります。
この後遺症は発症から時間が経過すると共に徐々に改善していき、この時間経過による改善を自然回復と言います。

発症から数ヶ月は大きな改善が見られますが、時間経過と共に回復の度合いが徐々に緩やかになっていきます。これは、脳が損傷した状態から安定し回復が止まるからと言われていて、リハビリテーション(以下、リハビリ)においては発症からの経過時間に応じたリハビリを行うことが重要です。

ここでは、脳梗塞・脳出血を発症してからの時間経過と自然回復について、リハビリの視点から解説しています。当事者の方やご家族、近親者の方にご参考になれば幸いです。

急性期 回復期 生活期(慢性期)

脳卒中を発症した場合、多くが【超急性期・急性期】と呼ばれる病院に搬送されます。急性期病院では治療が中心に行われ、病状によって手術や投薬で治療が進められます。
急性期では重症度に応じて、ベッド上で起き上がる練習や車椅子へ乗り移る練習など、早期にリハビリが開始されます。
病院によって差はありますが、早いところでは入院当日からリハビリの実施が始まることもあります。

急性期での治療が一段落すると退院の準備が始まります。入院中のリハビリだけでは日常への復帰が難しい場合、回復期と呼ばれるリハビリ専門の病院へと転院します。急性期に入院してから約1ヶ月〜2ヶ月の間で回復期病院へと転院になります。

回復期では1日最大3時間のリハビリが毎日行われます。理学療法士(PT)作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)の3つの職種がそれぞれ1時間ずつ行い、歩く練習、手を使う練習、言葉や集中力の練習をリハビリしていきます。

これらの急性期と回復期病院に入院している期間がもっとも自然回復が見られる期間で、リハビリにおいて非常に重要な期間となります。

下のグラフをご覧ください。

発症からの経過と回復の関係

グラフから発症後、急激に回復しているのがわかります。
その後『プラトー』と言われる段階に入ると、自然回復が止まっています。多くの場合で発症から6ヶ月前後でプラトーになると言われています。

回復期病院に入院していると、入院当初と退院に近付いてきた頃ではリハビリの内容が変わってきていると感じる人が多い様です。もちろん退院に向けて様々な動作の練習をする必要があるので、動作練習が増えてくるのとは別に、自然回復が止まってくることによって機能改善へのリハビリが減ってくるのが大きな理由です。

回復期病院では【医療保険】で毎日2〜3時間行なっていたリハビリは、退院後は【介護保険】で週に1〜2回の頻度で1回20〜40分程度に激減します。これも自然回復が止まり、リハビリの目的が「改善から維持」へと変わっていくことが理由の1つです。
そのため、改善を目指している人には満足いかないリハビリになってしまいます。

回復期病院での
リハビリ
60分/1回を1日3回毎日
退院後の介護保険での
リハビリ
20〜40分1〜2回/週

では生活期のリハビリでは改善はみられないのでしょうか?そんなことはありません。私自身発症から数年経過した人でも出来なかった動作ができる様になる人をたくさん見てきました。
その理由を次に書いていきます。

自然回復から学習へ

プラトーの段階になると、何もしなければ何も変化が見られなくなります。
改善したいと思った場合には、リハビリを行う必要があります。もちろん、急性期や回復期の時のような大きな変化はみられることは少ないですが、少しずつ確実に生活が変化していく形になります。

生活期でのリハビリで大切なのは、当事者自身が【学習していく】ことです。自然回復がみられないため、生涯行える学習で動き方や感じ方を学んでいかなければなりません。

もっと安定して歩きたい時を例に考えます。

今の自分の歩きを知る
どうして不安定なのか?どこを変えないといけないのか?
安定するためのポイントを感覚を通して学習する
どう動けばいいのかを理解して生活内でも行えるようにする
定着させるための自主トレーニングを行う
繰り返し行い学習を促す

いかがでしょうか?
マッサージや体を動かしてもらう【〜してもらう】受け身のリハビリではなく、自分で考えて動く【〜する】能動的なリハビリの印象があると思います。

生活期でのリハビリで、【維持】ではなく【改善】するためには学習に必要な要素が含まれたリハビリを行うことが最も大切です。それに加え、リハビリの時間が少ないことを補うために適切な自主トレーニングを行うことが重要です。
この2つのポイントを押さえれば、生活に変化がみられ目標に1歩ずつ近づいていきます。

ですが介護保険のリハビリだけでは量が足りません。それに「もっとやりたい!」「専門的なリハビリを受けたい!」と思っても出来る場所が今までありませんでした。

そこで!

自費リハビリの登場です。

介護保険を自費で補填

プラシムのリハビリには、退院後のリハビリを自費で行ってきたノウハウが含まれています。改善を目標に真剣に取り組むリハビリをぜひ1度お受けください。

お問い合わせ

プラシム総合問い合わせ窓口

プラシム神奈川
9:00〜18:00
最終予約17:00
プラシム新潟
9:00〜18:00
最終予約17:00

こちらの記事も合わせて読まれています

回復期病院を退院した後のリハビリ
回復期病院を退院した後のリハビリ
生活期ではいろいろなリハビリがあります
>  

  

まずはお問い合わせください

リハビリに関するご予約・お問い合わせはこちら



電話

0120-77-2646



受付時間

9:00〜18:00

(日曜日休み)

CTR IMG